• ホーム
  • 取り扱い商品
  • お客様広場・窓口
  • 会社情報
  • IR情報
  • ネットショップ
  • CSR(社会的責任)
ホーム > 取り扱い商品 > 医薬品関連

取り扱い商品

医薬品関連

笑顔痛いとき笑顔が消えます。その痛みなどの体が訴える不調を治癒し、再び笑顔になっていただくために中京医薬品の医薬品があります。医薬品とは、病気の治療や処置に利用される薬品で、名称・成分・分量・用法容量・効能効果・副作用について、品質・有効性及び安全性に関する調査を行い、厚生労働大臣や都道府県知事が認めたものを言います。そして、この薬は「薬事法」という厳しい法律によって規制され、安全性が守られています。

処方箋など病院関連医薬品にも二種類が定められています。医療用医薬品と一般用医薬品(大衆薬)です。医療用医薬品は、医師が患者さんの病状に応じた薬を書いた「処方せん」が必要です。その「処方せん」にもとづいて、薬剤師が調剤して患者さんに渡します。医師の指導や管理のもとに、病状の経過を見ながら使用する薬です。そして、薬をもらう患者さんは、現在使用中の薬(一般用医薬品を含めて)、薬や食べ物のアレルギー、薬による副作用の経験、妊娠中・授乳中、仕事について(高所での仕事・危険な機械の操作など)医師に伝えることによって、医師はその患者さんに適切な薬を処方します。

赤い箱と中の薬次に一般用医薬品は、医師の処方箋は不要です。薬局や薬店でも自由に購入できます。一般の人が使用するにあたって、作用も緩やかで安全に作られています。しかし一般用医薬品でも飲み合わせや副作用があります。症状、現在服用している薬、妊娠の有無、アレルギーや副作用の経験などを薬剤師に相談して、適切な薬を服用することが大切です。購入した薬に付いている説明書をよく読むことも大切です。

ベストセラー薬私たち中京医薬品のお薬は、皆様の病気治療や処置をしていただくための「一般用医薬品(大衆薬)」に分類されます。ご使用いただくとき、使用方法、特に用法・用量を守ってお使い下さい。飲み合わせや副作用など中京医薬品の医薬品でお聞きになりたいことは、どうぞ下記までお問い合わせください。中京医薬品社員の薬剤師がご相談をお受けし、適切なアドバイスをさせていただきます。

ページの先頭へ