• ホーム
  • 取り扱い商品
  • お客様広場・窓口
  • 会社情報
  • IR情報
  • ネットショップ
  • CSR(社会的責任)
ホーム > CSR(社会的責任) > 基本的CSR > コーポレートガバナンス

CSR(社会的責任)

基本的CSR(自覚を持ち絶対にやらなければならない事業を支える活動)

コーポレートガバナンス

コーポレート・ガバナンス体制

経営の透明性と安全確保、並びに効率経営の実践を推進しています。

私たちは「企業理念」を経営の戦略の策定や意思決定の拠り所となる各種活動の基本方針と位置づけています。 また、基本的な価値観や倫理観を共有し、業績に反映させていくための行動規範として「倫理綱領」を制定しています。

私たちは「企業理念」と「倫理綱領」に基づき、コーポレート・ガバナンスの充実に努め、コンプライアンスの徹底、経営の透明性と安全確保、並びに効率経営の実践を推進しています。

 

 

コーポレート・ガバナンスに関する施策の実施状況
  1. 会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況等
    • イ.会社の機関の基本説明
      • 当社は、監査役制度を採用しており、監査役が取締役の職務執行を監督する役割を担っており、社外監査役を選任するなど、透明かつ公正な経営管理体制の構築に努めています。
    • ロ.会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況
      • 当社では、取締役会、常務会、監査役会等の経営基本に関わるものを経営基本規程、職務分掌及び職務権限等組織に関わるものを組織規程、また個々の業務に関わるものを業務規程とし、社内業務全般にわたる諸規定が整備されています。特に「職務分掌規程」及び「職務権限規程」において各職位の責任と権限を明確にするとともに、「稟議規程」を設け重要な案件に関して当社の意思決定の明確化を行っており、法的課題やコンプライアンスなどに関する事象については、必要に応じて顧問弁護士から助言・指導を受けています。
    • ハ.内部監査及び監査役監査の状況
      • 当社は監査役制度を採用し、常勤監査役が取締役に対して適法経営の視点で常に個別面談を実施し、その結果を監査役会に報告することにより、内部牽制の実効性を担保する努力をしています。また日常業務におけるコンプライアンスは社長直属の内部監査室を設け主に業務監査を実施しています。内部監査室は当社内の各部における所管業務が、法令等の遵守及びリスク管理等に関して、適正かつ有効に運用されているかを内部監査規程に従い実施し、監査役に対しても監査内容について報告し、監査の有効性を高めています。
    • 二.会計監査の状況
      • 当社の会計監査業務は公認会計士の会計監査人によって執行、監査されています。
    • ホ.社外取締役・社外監査役との関係
      • 当社の社外監査役について、当社との人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係はありません。
    • へ.独立役員の状況
      • 一般株主の保護のため、社外監査役の中から、一般株主と利益相反が生じるおそれのない者を独立役員として確保しています。
  2. リスク管理体制の整備の状況
    • 当社のリスク管理体制は主に監査役及び監査室において取締役及び従業員の日常業務を調査監視することによって不正などの摘発や内部牽制をするとともに、摘発された不正は主に取締役及び部門長クラスで組織された賞罰委員会において、適正に報告審議し、内部牽制に生かしています。 また、「コンプライアンス委員会」を設置し、取締役・監査役をはじめ従業員に対する法令遵守意識及び倫理意識の普及、啓発を一層推進し、コンプライアンスの更なる充実を図ることにしています。
ページの先頭へ