MENU

おすすめの乳酸菌サプリ9選!選び方・魅力を紹介!

当ページのリンクにはプロモーションが含まれています。※CLINIC FORの情報提供元:CLINIC FOR
乳酸菌サプリ
本ページにはプロモーションを掲載しています。

当サイト経由で申し込み・購入いただくと、売り上げの一部が運営へ支払われます。

支払われた報酬は、当サイトの運営資金として使用させていただいております。

乳酸菌サプリでおすすめの商品は?

乳酸菌サプリはどうやって選べばいい?

乳酸菌サプリに興味を持った方が、特に多く抱える疑問は上のようなものでしょう。

この記事では、このような疑問にお答えするため「おすすめの乳酸菌サプリ」や「乳酸菌サプリの選び方」を解説していきます。

乳酸菌サプリの魅力やよくある疑問への回答なども幅広くまとめているため、これから乳酸菌サプリを飲もうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

この記事をまとめると…
  • 乳酸菌サプリは手軽に乳酸菌を飲むことができるので人気の商品
  • 食事をして乳酸菌を取るよりも、手軽に飲むことができる
  • 大手製薬会社の商品は信頼性があるためおすすめ
  • イチオシは大正製薬の『免疫機能サポート
  • 乳酸菌サプリ選びで迷ったら、まず最初に試してみよう
PR

美味しくて飲みやすい乳酸菌サプリを探しているあなたには、中京医薬品の『乳酸菌クイックシールドゼリー』もおすすめ。

1袋に3種の乳酸菌2,500億個・ビフィズス菌・酪酸菌を配合しています。

さらにヒアルロン酸・コラーゲン・オリゴ糖などの成分も幅広く配合。

女性はもちろん、男性にも人気の商品です。

スティックゼリータイプのため、お菓子感覚で美味しく食べることができ、持ち運びにも便利。

忙しい毎日の中でも無理なく乳酸菌を飲みたいとお考えの方は、ぜひ『乳酸菌クイックシールドゼリー』をお試しください!

※本記事の制作・運用は株式会社PieceCreFuteが行っております。
※本記事で掲載している医薬品等に関する情報については、不適切な記載や間違いがないか細心の注意を払っておりますが、効果や安全性を保証するものではございません。
※本記事の内容については、あくまでご自身の判断によって、参考としていただきますようお願いいたします。
※本記事の情報はすべて執筆時点のものです。最新の情報については、各公式サイトでご確認ください。
※本記事の内容は、予告なしに変更・更新する場合がございます。
※前各項に関する事項によって読者の皆様に生じた損失・損害等については、当社は一切責任を負うものではありません。
※本記事および本サイトに関するお問い合わせは、こちらのフォームからお送りいただけたらと思います。

目次

乳酸菌サプリとは

乳酸菌サプリとは、名前どおり「乳酸菌を効率的に飲むことができるサプリメント」のことです。

乳酸菌とは「糖から乳酸をつくる細菌」のことです。

形状はさまざまなものがあります。

乳酸菌サプリの魅力

乳酸菌サプリの魅力は以下の3点です。

  1. いつでも手軽に飲める
  2. 食事で乳酸菌を飲むよりも低カロリー

それぞれの魅力について解説していきます。

いつでも手軽に飲める

乳酸菌自体はヨーグルトや様々な食品で取ることができます。

しかし「いつでも手軽に飲むことができる」という点では、食品よりも乳酸菌サプリの方が便利であることは、言うまでもないでしょう。

もちろん、乳酸菌も含めて栄養は食事を中心にすることが基本です。

しかし、忙しい生活の中で「食事だけで十分な乳酸菌を取れない」という時は、サプリを利用することが有効といえます。

食事で乳酸菌を飲むよりも低カロリー

食事で乳酸菌を取る場合、どうしてもカロリーが増えます。

これは乳酸菌に限らずどの栄養素でもいえることです。

以前、厚生労働省が掲げていた「1日30品目」という目標が修正されたのも「30品目を食べようとするとカロリー過多になることが多い」とわかったためです。

人より多く運動をしていて、カロリー消費の多い人であれば、食事で取るのが理想でしょう。

しかし、厚労省が目標を修正したように、多くの現代人にとってそのような生活は難しいため「カロリーを抑えながら不足している栄養素を取る」ことは重要です。

その点、サプリは有効といえるでしょう。

おすすめの乳酸菌サプリ9選

商品 メーカー 画像 公式サイト ポイント
P
R
乳酸菌クイックシールドゼリー 中京医薬品 74年の歴史を持つ老舗上場企業・中京医薬品による信頼の乳酸菌サプリ
1 免疫機能サポート 大正製薬 大正製薬が手がける乳酸菌サプリ
2 スルーモイスト にんにく玉本舗 「植物性乳酸菌K-1」配合
3 スリビア ハハハラボ 独自の技術で人気の乳酸菌サプリ
4 ビフィーナS 森下仁丹 26年間売上No.1のロングセラー商品
5 毎日善玉 おのみち堂 3成分の「トリプル配合」が特徴

免疫機能サポート

乳酸菌の種類プラズマ乳酸菌価格定期初回980円
サプリの形状タブレットメーカー大正製薬

『免疫機能サポート』は「プラズマ乳酸菌」をメインの成分とした乳酸菌サプリです。

大正製薬が発売しており、機能性表示食品に分類されます

免疫機能サポートはプラズマ乳酸菌を1,000億個配合。

さらに補助的な成分としてプロポリス・トゥルシーも配合しています。

公式サイトでは、このような配合成分も含めて『免疫機能サポート』の特徴がさらに詳しく解説されています。

少しでも気になるあなたは、ぜひ一度公式サイトをチェックしてみてください。

スルーモイスト

乳酸菌の種類植物性乳酸菌F106価格定期初回1,980円
サプリの形状タブレットメーカーにんにく玉本舗

『スルーモイスト』は、にんにく玉本舗が作った乳酸菌サプリです。

『スルーモイスト』のメイン成分は「植物性乳酸菌K-1」です。

公式サイトで商品を詳しく確認し「自分が求めている商品」だと感じられたら、ぜひ試していただくと良いでしょう。

スリビア

乳酸菌の種類ビフィスリム菌®価格定期初回500円
サプリの形状カプセルメーカーハハハラボ

スリビアは、ビフィスリム菌®を3,000億個配合する乳酸菌サプリです。

ビフィスリム菌®とは、独自の加熱処理でビフィズス菌を原料化したものです。

【参考】ビフィスリム菌®KMH001|KITTI

このビフィスリム菌®の配合により、スリビアは「ハイブリッド菌活」の実現を目指しています。

ハイブリッド菌活とは「短鎖脂肪酸・酪酸菌」という2種類の成分を、両方増やすことを目指す生活習慣です。

これらの成分の働きについての詳しい説明は、スリビアの公式サイトでさらに詳しく解説してあります。

それらの説明をよく読んだ上で「自分にとってプラスになる」と感じられたら、ぜひ一度試してみてください。

ビフィーナS

乳酸菌の種類ビフィズス菌(ロンガム種BB536)価格980円(14日間お試し)
サプリの形状顆粒タイプメーカー森下仁丹

ビフィーナSは、森下仁丹が提供する、ビフィズス菌サプリのロングセラー商品です。

ビフィーナシリーズ全体の売上で、ビフィズス菌メーカーのシェアとして26年間売上No.1という記録を誇っています。

※富士経済『H・Bフーズマーケティング便覧1998〜2023』機能志向食品編整腸効果ビフィズス菌メーカーシェア(1996〜2021年実績)

累計販売数は1500万個を超えており、販売実績の数字に関していえば、乳酸菌サプリの中でも特に人気の高い商品といえます。

ビフィーナSは、ビフィズス菌(ロンガム種BB536)を50億個配合してあります。

こうした商品の特徴や成分については、ビフィーナSの公式サイトでさらに詳しく解説されています。

それらの解説を読み、少しでも気になるあなたは、ぜひ一度試していただくと良いでしょう。

毎日善玉

乳酸菌の種類バイオジェニックス・プロバイオティクス・プレバイオティクス価格2,916円
サプリの形状カプセルメーカーおのみち堂

毎日善玉は「善玉菌の進化系」をキャッチフレーズに掲げる乳酸菌サプリです。

毎日善玉は、下記の成分を配合しています。

  1. バイオジェニックス
  2. プロバイオティクス
  3. プレバイオティクス

上記のような3つの代表的な成分を「トリプル配合」した商品が、毎日善玉です。

このトリプル配合も含め、毎日善玉の成分どは、公式サイトで詳しく解説しています。

それらの説明を読み、ご自身にとってプラスになると感じられたら、ぜひ一度試してみてください。

乳酸菌EC-12

乳酸菌EC-12
乳酸菌の種類乳酸菌EC-12価格定期初回1,955円
サプリの形状タブレットメーカー久光製薬

乳酸菌EC-12は、1日の摂取目安量の4粒で、1兆個の乳酸菌を含む乳酸菌サプリです。

大手製薬会社・久光製薬によるサプリで、累計販売数は13万袋を突破しており、お客様満足度は95.2%となっています。

※利用中のユーザー対象の調査(2019年2月実施/21名)にて「非常に満足」「満足」と回答した方の割合

乳酸菌の種類は商品名の通り「EC-12」で、この乳酸菌は消化の影響を受けずに腸まで届くことで知られています。

大手メーカー製造の乳酸菌サプリを探している方は、ぜひ『乳酸菌EC-12を試してみてください。

医師監修ドクターマリー乳酸菌K-1

医師監修ドクターマリー乳酸菌K-1
乳酸菌の種類乳酸菌K-1価格定期初回1,950円
サプリの形状メーカーナチュレライフ

医師監修ドクターマリー乳酸菌K-1』は、植物性乳酸菌K-1(L.casei 327)を配合した機能性表示食品です。

商品名の通り医師監修の下で開発されており、2粒でヨーグルト100個分相当の乳酸菌をとれます。

この乳酸菌「K-1」は、日本人になじみのあるお米由来の乳酸菌であるため、この点でも親しみやすい製品といえるでしょう。

特に開発体制を信頼できる乳酸菌サプリを利用したいという方は、ぜひ『医師監修ドクターマリー乳酸菌K-1』をチェックしてみてください!

菌活すっきり

乳酸菌の種類ナノ乳酸菌・ビフィズス菌菌・酪酸菌・プロバイオティクス
価格1,406円(送料・税込み)
サプリの形状ソフトカプセル
メーカーaequalis

菌活すっきり』は、ナノ型乳酸菌10腸個と酪酸菌300万個を配合している乳酸菌サプリです(1袋当たり)。

19種類の乳酸菌と5種のビフィズス菌を含んでおり、発酵紅茶エキスや各種の酵素、アップルファイバーやサラシアなどの成分を配合しています。

イヌリンや難消化性デキストリン、オリゴ糖などのサポート成分も含まれており、これらの成分による相乗作用を期待できます。

酪酸菌は短鎖脂肪酸の働きを助けるもので、コンブチャは消化や吸収をサポートする成分として含まれています。

体内フローラでは、プロバイオティクスとプレバイオティクスの両方をバランスよく摂取することが重要です。

この点『菌活すっきり』では乳酸菌と善玉菌がプロバイオティクス、食物繊維・オリゴ糖・酵素がプレバイオティクスに該当するため、両者を良いバランスで摂ることができます。

10兆個の乳酸菌はヨーグルト2,000個分に該当し、通常の食事では摂取が難しい量をお手軽に摂れることもメリットといえます。

価格も1ヶ月分で1,400円台とお手頃なので、コストパフォーマンスを重視する方にも適しています。

ガセリ菌プレミアム

ガセリ菌プレミアム
乳酸菌の種類ガセリ菌
価格1,280円(送料・税込み)
サプリの形状錠剤(粒タイプ)
メーカーRoyal BS(ロイヤルビーエス)

ガセリ菌プレミアム』はスーパー乳酸菌として話題の「ガセリ菌」をメイン成分とした乳酸菌サプリです。

ガセリ菌(ガッセリ菌・カゼリ菌)は酸や熱に強い有胞子性乳酸菌であり、体内での活性度が他の乳酸菌と比較して高くなっています。

乳酸桿菌の一種でヒトの小腸に住む善玉菌であり、善玉菌のエサとなって善玉菌の繁殖を助ける力があります。

製造は信頼できる国内工場で行われており、品質管理も徹底されています。

メーカーのRoyalBSは、この他にも『ガセリ菌プレミアブラック』を販売するなど、特にガセリ菌の乳酸菌サプリを積極的に開発しています。

また、それ以外にもHMBサプリメントの『HMBフォルスコリ』や、日々の栄養バランスのサポートにつながる『カリウム習慣』『毎日トマト生活』などのサプリメントをリリース。

二日酔い対策につながる『大肝神』や、女性の美用サポートのための『プエラリア・ミリフィカ』など、あらゆるジャンルのサプリメントで多くのユーザーから支持されています。

このように一定の実績があるメーカーが開発・製造していることも信頼できるポイントといえるでしょう。

乳酸菌サプリに関するQ&A

乳酸菌サプリに関しては、以下のような疑問点がしばしば見られます。

  1. 動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いは?
  2. 乳酸菌とビフィズス菌の違いは?
  3. 乳酸菌は大量に飲んでも大丈夫?

ここでは、それぞれの疑問点に回答していきます。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いは?

動物性乳酸菌は「乳製品」から分離したものです。

植物性乳酸菌は「野菜・植物の発酵物から分離」したものです。

乳製品はヨーグルトやチーズが代表的です。

「野菜・植物の発酵物」は、例えば味噌・醤油・漬物などが代表的といえます。

動物性と植物性という違いだけでは、乳酸菌に違いはありません。

働きの違いは「菌種・菌株」で出ます。

このため、乳酸菌サプリを選ぶ際には動物性・植物性にはこだわらず「商品ごとの特徴や機能」に着目しましょう。

乳酸菌とビフィズス菌の違いは?

乳酸菌とビフィズス菌の最も大きい違いは「体の中のどこで動くか」です。

乳酸菌は小腸で動き、ビフィズス菌は大腸で動きます。

この点以外では、以下のような違いがあります。

違う項目乳酸菌ビフィズス菌
生息場所腸内・乳製品・植物人・動物の腸管
活動場所
(住みつく場所)
小腸大腸(腸内フローラ)
酸素のある場所
での生息
可能不可
代謝産物乳酸酢酸・乳酸

当然どちらの働きも必要であるため、乳酸菌とビフィズス菌は「両方適量取るのが理想」といえます。

乳酸菌は大量に飲んでも大丈夫?

乳酸菌を大量に取ることは控えましょう。

お腹がゆるくなる(下痢気味になる)などの恐れがあります。

乳酸菌は、1日あたりの推奨量が明確に決まっていません。

しかし、サプリの商品ごとに「1日の目安」が決まっているため、その量を守るようにしましょう。

【まとめ】おすすめの乳酸菌サプリ5選

最後に、おすすめの乳酸菌サプリの選び方のポイントをまとめます。

  1. 「生菌・死菌」の違いで選ぶ
  2. 他の栄養素や形状、コスパで選ぶ
  3. 商品の評判やメーカーの信頼性もチェックする

基本的には自身が取りたいサプリをしっかり探すことが重要です。

迷ったらまず、今回紹介した5つの商品をチェックしていただくことで、あなたが飲みたい乳酸菌サプリがどのようなものか、イメージをつかみやすくなるでしょう。

PR

美味しくて飲みやすい乳酸菌サプリを探しているあなたには、中京医薬品の『乳酸菌クイックシールドゼリー』もおすすめ。

1袋に3種の乳酸菌2,500億個・ビフィズス菌・酪酸菌を配合しています。

さらにヒアルロン酸・コラーゲン・オリゴ糖などの成分も幅広く配合。

女性はもちろん、男性にも人気の商品です。

スティックゼリータイプのため、お菓子感覚で美味しく食べることができ、持ち運びにも便利。

忙しい毎日の中でも無理なく乳酸菌を飲みたいとお考えの方は、ぜひ『乳酸菌クイックシールドゼリー』をお試しください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次