MENU

【2024年】青汁おすすめ9選!選び方や比較のポイントも徹底解説!

当ページのリンクにはプロモーションが含まれています。※CLINIC FORの情報提供元:CLINIC FOR
青汁おすすめ
本ページにはプロモーションを掲載しています。

当サイト経由で申し込み・購入いただくと、売り上げの一部が運営へ支払われます。

支払われた報酬は、当サイトの運営資金として使用させていただいております。

この記事を読んでいる人の中には、青汁を飲んでみようと考えている方は多いでしょう。

しかし、下のような疑問を抱えて迷っていることが多いかと思います。

青汁に興味があるけど、どの商品が良いのかわからない

青汁の選び方を知りたい

この記事では、こうした多くの方々が抱える悩みにお応えして、おすすめの青汁の商品や、青汁の選び方などを解説していきます。

青汁の種類や飲み方、選ぶ時の注意点なども幅広くまとめているため、青汁初心者の方に必要な知識を、すべて理解していただけます。

これから青汁を飲み始めようと思っている方は、ぜひ参考になさってください。

この記事をまとめると…
  • 青汁の種類は生タイプ・粉末タイプ・錠剤タイプの3通り
  • 選ぶ時は「成分・生産方法・飲みやすさ」をチェックする
  • 青汁はメインの成分以外にも、各商品独自の成分を含む
  • コスパ・味以外の大きな違いは、その独自成分にある
  • ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン』はその代表的な商品
  • キトサンは悪玉コレステロールの値を下げる働きを持っている
  • トクホ(特定保健用食品)としてこの効能表示が認められている
  • 青汁選びで迷っている人は、まず同商品を検討してみてはいかがでしょうか?
PR

青汁を選ぶ際「青汁のメインの栄養素以外いらない」「メインの栄養素のコスパがいい商品が欲しい」と考えている方は多いでしょう。

そのような方におすすめの青汁は、中京医薬品の『大麦青汁』です。

大麦青汁は純国産の大麦若葉と桑の葉を使用し、青汁としてのメイン成分である食物繊維・βカロチン・ビタミンCなどを配合しています。

1ヶ月分(30包)で3,240円と非常にリーズナブルで、1日当たり100円程度でお手軽に飲み始められるコストパフォーマンスも特徴。

創業74年の歴史を持つ東証スタンダード上場企業、中京医薬品が開発している点もポイントです。

初心者に適したコスパの良い青汁」を探している方は、ぜひ『大麦青汁』をチェックしてみてください。

※本記事の制作・運用は株式会社PieceCreFuteが行っております。
※本記事で掲載している医薬品等に関する情報については、不適切な記載や間違いがないか細心の注意を払っておりますが、効果や安全性を保証するものではございません。
※本記事の内容については、あくまでご自身の判断によって、参考としていただきますようお願いいたします。
※本記事の情報はすべて執筆時点のものです。最新の情報については、各公式サイトでご確認ください。
※本記事の内容は、予告なしに変更・更新する場合がございます。
※前各項に関する事項によって読者の皆様に生じた損失・損害等については、当社は一切責任を負うものではありません。
※本記事および本サイトに関するお問い合わせは、こちらのフォームからお送りいただけたらと思います。

目次

青汁とは

青汁とは「生野菜を絞った汁」のことです。正確には、生の「緑葉野菜」を絞ります。

赤や黄色の野菜ではなく「緑色」で「葉っぱ」の野菜だけを絞っていることが特徴です。

ここでは、そんな青汁に含まれる栄養素や期待できるメリットを説明します。

青汁に含まれる栄養素

青汁に含まれる栄養素は、当然ながら製品ごとに少しずつ異なります。

しかし、ほぼ全ての青汁で共通して含まれる成分は以下の4種類です。

  1. βカロテン
  2. 食物繊維
  3. ビタミン類
  4. ミネラル

①のβカロテン(ベータカロチン)は、ビタミンAとして体内で働くものです。

②の食物繊維には水溶性と脂溶性があります。

水溶性食物繊維は胃腸の中をゆるやかなスピードで動き、脂溶性食物繊維は水分を吸収して膨らみます。

③のビタミン類については、青汁の場合は特にビタミンC・ビタミンEが多く含まれます。

④のミネラルについては、青汁ではカルシウムやマグネシウム、カリウムなどの種類が特に豊富に含まれています。

これらのミネラルは体内で生み出すことができないため、必ず食品などの外部から体内に取り込む必要があります。

青汁の種類

青汁は種類によって一長一短があるため、あなたの目的に合ったタイプを選ぶ必要があります。

そのような青汁の種類を一覧にすると、以下の3つに分かれます。

  1. 生タイプ
  2. 粉末タイプ
  3. 錠剤タイプ

まず、栄養素が生きている順番は「①>②>③」となります。

逆に飲みやすさ・持ち運びのしやすさなどで比較すると「③>②>①」という順番になります。

生タイプ

①の生タイプは、青汁の栄養素が死滅しにくいタイプです。

大麦若葉やケールなどの原料をすりつぶして液状にし、それを急速冷凍させたものが主流となっています。

生タイプは保管や輸送が難しく価格が高くなるため、主に高級志向の商品で採用されているタイプです。

粉末タイプ

②の粉末タイプは、原料である緑色野菜を粉砕し、粉末にしているものです。

生タイプより保管や持ち歩きがしやすく、③の錠剤よりも加工度が低いため、より生タイプに近い状態なのが利点です。

粉末タイプは、水やお湯、豆乳やジュースなどに溶かして飲むことはもちろん、料理に混ぜるなどの使い方も可能です。

「超微粉砕製法」などで粒を小さくしている製品ほど、粉っぽさがなくなり飲みやすくなります。

錠剤タイプ

③の錠剤タイプは、一般的なサプリメントや薬品と同じように、粒(タブレット)になっています。

青汁特有の苦味が一切なく、スープなどの料理に溶かして使うこともできる、飲みやすさ・使いやすさが特徴です。

錠剤タイプは、一度粉末にした後でさらに固めるという点で、加工度が高くなっています。

正しい青汁の選び方

青汁を正しく選ぶためには「見るべきポイント」を押さえておく必要があります。

青汁を選ぶときに見るべきポイントは以下の3点です。

  1. 成分
  2. 生産方法
  3. 飲みやすさ

ここでは、それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

成分の種類と量

やはり最も重要なのは含まれている成分の種類と量です。

青汁は、メインの原料となる緑色野菜ごとに、以下のような成分・栄養素を含んでいます。

原料成分・栄養素
大麦若葉食物繊維・亜鉛・カリウム・マグネシウム・βカロテン・カルシウム・ビタミンCなど
ケールビタミンC・ビタミンE・カルシウム・カリウム・βカロテン・食物繊維など
明日葉βカロテン・ビタミンC・ビタミンE・カルコンなど
桑の葉DNJ・鉄・亜鉛・カルシウム・マグネシウムなど

原料(緑色野菜)の種類が同じなら、成分の種類も基本的に同じです。

しかし、それぞれの成分の含有量は、産地や製造工程によって異なります。

生産方法

青汁は生産方法(製造方法)によって、含まれる栄養素の量が変わります。

青汁の生産方法は、主に以下の3種類に分かれます。

  1. フリーズドライ製法
  2. 超微粉砕製法
  3. 急速冷凍製法

ここでは、それぞれの製法についてイラストの図解とともに説明していきます。

フリーズドライ製法

フリーズドライ製法は「急速冷凍の後で、真空で乾燥させる製法」です。

日本語では「真空凍結乾燥技術」といいます。

最初に冷凍する理由は「水分を氷の結晶としてまとめる」ためです。

この時点で、葉っぱの中の栄養素と水分は「別々の個体」として分離します。その後に、葉っぱを真空の空間で乾燥させます。

真空で乾燥する理由は「真空では、水分は氷から直接気体になる」ためです。

先に分離した氷の結晶が「そのまま気体として消える」ことで、葉っぱの栄養素だけを残せます。

そして、水分が消えたので乾燥状態になります。

フリーズドライの反対の製法は「スプレードライ」といい、熱によって水分を乾燥させます。

超微粉砕製法

超微粉砕製法(ちょうびふんさいせいほう)とは、名前どおり「粉砕製法」を超微(ミクロ)にしたものです。

粉砕製法は名前どおり、原料を粉砕して粉にする製法です。

通常の粉砕製法(粗粉砕)の場合、原材料をすべて青汁に含むことはできます。

しかし、粒が粗いため「粉っぽさ」があります。

しかし、超微粉砕製法であれば粒がさらに細かくなるため、粉末であっても粉っぽさがありません。

つまり、超微粉砕製法は「原料を全て含み、さらに粉っぽさがなくなる」製法と考えてください。

急速冷凍製法

急速冷凍製法は、文字通り冷凍製法を「急速」に行うものです。

通常の冷凍製法は、時間をかけて凍らせる間に「大きな結晶」ができてしまいます。

この結晶が組織の壁(細胞壁など)を破壊し、中の成分や水分を逃してしまうわけです。

一方、急速冷凍製法の場合、短時間で凍らせるため大きな結晶ができません

散らばっている水分がそれぞれの場所で小さな結晶となり、結晶による膨張の圧力が「全体に分散」されます。

飲みやすさ

青汁は通常の野菜ジュースなどと比べるとやや飲みにくいため、飲みやすさを見ることも重要です。

青汁の飲みやすさを比較する時、見るべき項目は以下の3点です。

  1. 喉越しの良さ
  2. 青臭さのなさ
  3. 苦味・えぐみのなさ

①については、たとえば粉末タイプであれば、その粉末がミクロであればあるほど飲みやすくなります。

②については、青臭さをカバーするための抹茶・フルーツ成分などを含んでいる製品が飲みやすくなります。

③も同様で、苦味・えぐみの原因となる成分を細かく除去している青汁ほど飲みやすくなります。

【PR】大麦青汁(中京医薬品)

PR

中京医薬品・大麦青汁

sample
主要原材料大麦若葉タイプ粉末
価格3,240円(税込)特徴乳酸菌FK-23を100億個配合

創業74年という長い歴史を誇る老舗であり、東証スタンダード上場に上場している中京医薬品(医薬品販売会社)による青汁です。

複数の種類の栄養素が含まれる生命力豊富な国産大麦若葉を原材料に使用。

さらに国産桑の葉・国産抹茶などの多彩な原材料を、独自の配合で飲みやすくブレンドした美味しさが人気を博しています。

乳酸菌FK-23を100億個配合している点が特徴。

FK-23は独自技術による加熱処理で、乳酸菌を可能な限り維持したまま、その働きを引き出しています。

さらに腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌の活動を促進する成分・イソマルトオリゴ糖も配合。

熱や酸に強いため、どのような方法で飲用しても腸内で働きやすく、さわやかな甘味によって青汁が飲みやすくなることも利点です。

美味しさの実現のために、キシリトールを用いていることも特徴。

キシリトールは自然界に存在する天然の糖アルコールであり、多くの果実や野菜にも含まれ、人体でも生成されています。

砂糖と比べても低カロリーで、このようなオーガニック成分で青汁とは思えないほどの美味しさを実現している点も人気の秘密です。

野菜不足の方や野菜嫌いの方、栄養バランスを整えたい方、外食が多く偏食しがちな方などは、ぜひ一度中京医薬品の『大麦青汁』を試してみてください。

おすすめの青汁9選

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン

主要原材料大麦若葉タイプ粉末
価格定期初回980円(税込)特徴悪玉コレステロール値の改善が期待できる

『ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン』は、キトサンをメイン成分とする青汁です。

キトサンはLDL(悪玉コレステロール)に対して作用することで知られています。

厚生労働省のデータによれば、男性は30代から、女性は50代からLDLコレステロールが急増するもの。

その値に影響するという報告があるキトサンは、中高年世代が特に積極的に摂取したい成分の一つです。

青汁としてのメイン原材料には国産大麦若葉を使用。

ミネラル豊富な阿蘇山・清水の里で採れたもののみを厳選使用し、農作物全体の0.2%しかない有機JAS(※)の規格を満たした農薬不使用&有機栽培の大麦若葉のみを用いています。

※有機JASを取得している農家戸数が全国総農家戸数の0.2%(平成22年度データ)/出典:有機農業をめぐる我が国の現状について(農林水産省/令和元年7月26日)

このような原料を穂が出る前のベストタイミングで収穫し、大正製薬ならではの厳格な体制で品質管理。

さらに抹茶などの配合により、ゴクゴク飲める美味しさも実現しています。

LDLコレステロールが気になる方(※キトサン配合)は、ぜひ『ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン』を試してみてください。

野菜と乳酸菌とビフィズス菌がとれる青汁

主要原材料ケールタイプ粉末
価格定期初回980円(税込)特徴野菜の栄養・乳酸菌・ビフィズス菌を同時に摂取できる

『野菜と乳酸菌とビフィズス菌がとれる青汁』は、名前どおり野菜の栄養素と合わせて、乳酸菌・ビフィズス菌を同時に摂取できることで人気の青汁です。

この一杯で、1日に不足する緑黄色野菜の量(生葉換算で約35g)と同等の栄養素を摂取できます。

原料として国産ケールを100%使用していることも特徴。信頼できる国産の契約農家で栽培したケールのみを用いています。

化学農薬不使用にこだわって栽培しており、ケールの葉を傷めないよう、収穫はすべて機械ではなく手摘みで行っていることも特徴です。

スーパーフードとして知られるケールは、青汁で広く用いられる一般的な大麦若葉パウダーと比較して、各成分の含有量が多いことが特徴。

ファンケル自社内の原料で比較した場合、ケールパウダーは大麦若葉パウダーに比べ、ビタミンCが約12.7倍、カルシウムが約4.7倍の成分を複数配合しています。

このような成分を配合していることに加え、美味しさにも徹底してこだわっていることが特徴。

水にすぐ溶ける宇治抹茶入りで、購入者アンケートでは93%が「飲みやすい」と回答しています(※飲みやすさは個人の感想です)。

Wの健康青汁

主要原材料大麦若葉・ケール・桑の葉タイプ粉末
価格定期初回2,160円(税込)特徴血中中性脂肪・体脂肪・高めの血圧に関わる機能性表示食品

『Wの健康青汁』は、エラグ酸・GABAの2種類の成分をメインとする青汁です。

エラグ酸は血中中性脂肪・体脂肪・内臓脂肪に影響すること、GABAは血圧に影響することが、いずれも消費者庁によって報告されています(※これらの影響・作用には個人差があります)。

そして『Wの健康青汁』は、この2つの成分の同時配合によって「機能性表示食品」として認められています。

これらの2種類の成分以外でも、栄養サポート成分をバランスよく配合していることが特徴。

明日葉や大麦若葉、桑の葉や玉ねぎエキスなどの国産野菜を原材料に使用しています。

さらに、乳酸菌とビフィズス菌を合計約20億個配合していることも人気の秘密です。

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 難消化性デキストリン

主要原材料大麦若葉タイプ粉末
価格定期初回980円(税込)特徴食後の血糖値が気になる人向けの特定保健用食品

『ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 難消化性デキストリン』は、名前通り「難消化性デキストリン」がメイン成分の青汁。

メインの原料には、農薬不使用の有機大麦若葉を使用。

抹茶配合による飲みやすさも人気の理由で、90%以上のリピーターの方々が「定期お届けコース」を利用しています(※飲みやすさやリピートの有無は個人の感想・判断です)。

ドクターベジフル青汁

主要原材料大麦若葉・ケール・桑の葉タイプ粉末
価格定期初回2,680円(税込)特徴九州産の21種類の野菜を原材料に使用

『ドクターベジフル青汁』は「野菜嫌いでもごくごく飲める」と人気の、九州産の野菜で作られた青汁です(※飲みやすさは個人の感想です)。

21種類の野菜の栄養素がたっぷり配合されており、2020年のモンドセレクションの銀賞も受賞しています。

メイン原料としては、青汁で最も人気の高いスタンダード3種の「大麦若葉・ケール・桑の葉」を使用。

使用されている21種類の九州産野菜は、すべて顔と名前がわかる契約農家の方々から直送。

一般的な青汁が1〜2種類の野菜しか使用していないことに対し、このように高品質な野菜を21種類含むことで、より多くの野菜の成分を接種できます。

さらに、きなこや黒糖をミックスすることで、ほんのりとやさしい自然な甘さを実現。

サントリー 極みの青汁

主要原材料大麦若葉・明日葉タイプ粉末
価格定期初回3,499円(税込)特徴創業120年を超えるサントリーが栄養と味の両立を追求

『サントリー 極みの青汁』は、創業120年を超える飲料メーカーであるサントリーが、栄養・美味しさ・品質の極み(※)を目指して生み出した青汁です。

(※最上級を意味する表現ではありません)

熊本県阿蘇産の大麦若葉や、鹿児島県屋久島産の明日葉など、厳選された国産素材を使用していることが特徴です。

また、宇治煎茶や宇治抹茶などを用いることで、飲料メーカーならでは「美味しさ」を実現していることも人気の理由です。

『極みの青汁』の特徴は、野菜ポリフェノールの「ケルセチン」に着目していることも特徴。

ケルセチンはさまざまな作用が報告されている成分ですが、体に吸収されにくい性質があります。

サントリーでは研究を重ねることで、この吸収量をアップさせた「ケルセチンプラス」を導入しています。

めっちゃ乳酸菌フルーツ青汁

主要原材料クマザサタイプ粉末
価格定期初回3,499円(税込)特徴乳酸菌を7,500億個配合

『めっちゃ乳酸菌フルーツ青汁』は、乳酸菌を7500億個配合し、フルーツジュースとのミックスで飲みやすさを実現したことで人気の青汁です。

配合する乳酸菌は、ただ数が膨大なだけでなく、高品質な種類が厳選されていることも特徴。

『有胞子乳酸菌』『乳酸菌EC-12』『乳酸菌BROM BJ-22』などの成分を含んでいます。

青汁の原料としては、厳選された3種類の素材を使用。

インド産モリンガ・北海道産クマザサ・八丈島産アシタバを使用しています。

さらに、149種類の野菜・野草・フルーツ・海藻の発酵物から抽出した成分も配合。

青汁の主要成分以外にも多くの種類の成分を摂取したいという方は、ぜひ『めっちゃ乳酸菌フルーツ青汁』をチェックしてみてください。

濃い藍の青汁

主要原材料タデ藍・クマザサ・桑の葉・大麦若葉タイプ粉末
価格定期初回1,944円(税込)特徴有機桑の葉・自生クマザサを原材料に使用

濃い藍の青汁』は、純国産で特許も取得した「藍」を原材料としている青汁です。

藍は古来から日本で親しまれてきた伝承野菜で、食物繊維・鉄分・亜鉛・ミネラルを含んでいます。

この藍に加えて、ビタミン・ミネラルを含有する国産有機栽培の『大麦若葉』を使用。

さらに、古くから日本人に用いられてきた『有機桑の葉』や『自生クマザサ』などの原材料を用いています。

利用した女性の90%が美味しさを実感しており、飲みやすさでもおすすめできる青汁です(美味しさは個人の感想です)。

美長命青汁

主要原材料長命草タイプ粉末
価格定期初回2,710円(税込)特徴野菜不足改善を期待できる機能性表示食品

美長命青汁』は「長命草」をメインの原材料とした青汁です。

長命草の原産地にも徹底してこだわっていることが『美長命青汁』の特徴。

鹿児島と沖縄の中間に浮かぶ「喜界島」で栽培された長命草を100%使用しています。

さらに添加物一切不使用の完全無添加で製造されており、オーガニックで体にやさしい点も人気の理由です。

飲みやすさにも定評があり、大手グルメ・観光雑誌などで活躍するグルメライターからも、美味しさを高く評価されています(※味わいは個人の感想です)。

おすすめの青汁の飲み方

青汁は飲みにくいと言われることも多いため「飲み方」が気になる人は多いでしょう。

おすすめの青汁の飲み方をまとめると、以下の通りです。

  1. 水で割る
  2. 牛乳で割る
  3. ジュースで割る
  4. その他

それぞれの飲み方について詳しく解説していきます。

水で割る

最も基本となる飲み方は「水で割る」ことです。焼酎でいう「水割り」ですが、冷たい水よりも常温の水がおすすめです。

冷たい水は体を冷やしてしまうことが多く、体は冷やさないに越したことはありません。

常温の水であればこのようなデメリットもありません。

粉末タイプの場合、水では溶けにくいため少量の白湯で割ります。

その白湯に常温の水を足して、ぬるま湯で飲むのがおすすめです。

牛乳で割る

青汁を割る飲み物として、特に人気があるのは牛乳です。

人気の理由は口当たりがマイルドになることや、ほんのりと甘みを感じられ、青汁の青臭さや苦味が薄れることです。

また、牛乳の栄養素を同時に摂取できることもメリットです。

逆にデメリットとなるのは「カロリーがやや高くなる」ことです。

具体的には、水で割ると100mlあたり約10〜12kcalであるのに対し、牛乳で割ると70〜80kcalと、おおよそ60〜68kcalほど高くなります。

飲み過ぎなければ問題のない量ですが、ダイエット中の方などは注意する必要があります。

ジュースで割る

ジュースも牛乳と同じく、青汁の苦味を消すのに役立つ飲料です。特に相性がいいのは、オレンジやグレープフルーツなど、酸味のある柑橘系の飲料です。

柑橘系の爽やかな香りで青汁の青臭さが薄れることが人気の理由です。

その他でも、青汁は果物全般と相性が良いため、ほとんどのフルーツジュースと美味しく混ぜることができます。

自分の好きなジュースと混ぜながら、ベストの組み合わせを探していただくのが良いでしょう。

その他

青汁はその他にも多くの飲料や食品と混ぜて飲むことができます。

青汁と混ぜて美味しい代表的な飲み物・食べ物は以下の通りです。

  1. 豆乳
  2. 抹茶
  3. お茶(緑茶)
  4. 焼酎
  5. スープ
  6. 料理全般

特に豆乳や抹茶、お茶と混ぜるのは多くの方に好まれているスタイルです。

お酒や焼酎が好きな人であれば、焼酎に混ぜるのも良いでしょう。

スープや料理に混ぜるのも、程よい苦味でスパイスを効かせられる点でおすすめです。

青汁を購入する際の注意点

青汁の商品はあらゆるメーカーから大量に販売されています。

このため「買う時に失敗しないためのポイント」を知りたい人も多いでしょう。

そのような「青汁を購入する際の注意点」をまとめると、以下の通りです。

  1. 成分を確認する
  2. 保存方法を確認する

それぞれの注意点について詳しく解説していきます。

成分を確認する

青汁は「生野菜を絞った汁」ですが、その絞る製造過程によっては、原料が持つ成分が失われることがしばしばあります。

たとえば、低コストの簡単な製造方法を採用している場合、同じ大麦若葉やケールを使用していても、その栄養素は少量しか含まれていない、ということもあるわけです。

このため、同じ1杯でどれだけの量と種類の成分が含まれているのか、成分表示をチェックするのがおすすめです。

特に砂糖や果糖を含んでいる青汁は、飲みすぎると糖分過多になる恐れもあります。

保存方法を確認する

青汁の栄養素を最も良い状態で吸収するには「適切な保存」が必要です。青汁の保存方法は、以下の3種類です。

  1. 常温保存
  2. 冷蔵保存
  3. 冷凍保存

①の常温は、粉末や錠剤タイプで多いものです。

②の冷蔵保存は主にジュースタイプで、③は主に生タイプです。

ネット通販で購入できる青汁は、常温保存のものが多くなっています。

(クール便などでなく普通の宅配便で届いたものは、全て常温保存です)

青汁を飲む際の注意点

青汁は薬品やサプリメントではなく「食品」です。

そのため、厳密な注意点はないものの「より無駄なく飲むために意識すべきポイント」はあります。

それらのポイントをまとめると、以下の通りです。

  1. 飲み過ぎに注意する
  2. 飲むタイミングに注意する

それぞれの注意点について詳しく解説していきます。

飲み過ぎに注意する

青汁は1杯当たりの栄養素が豊富である分、飲み過ぎによる栄養過多に注意する必要があります。

青汁の適量は1日に1杯〜2杯とされています。

補足すると、青汁は薬品やサプリメントではなく、あくまで「食品」です。

そのため、上の適量も厳密なルールではありません。

しかし、コーヒーやお茶と同じく「飲みすぎるよりは適量を守る方がより良い」と考えてください。

飲むタイミングに注意する

青汁は基本的にいつ飲んでもかまいません。

しかし「最も栄養素を吸収しやすいタイミング」や「メインの食事より健康的にできるタイミング」があります。

①の起床後は、体が栄養を最も吸収しやすいタイミングです。

【参考】ノーベル賞で話題の「体内時計」は「時間栄養学」でコントロール

②の食事前は、食物繊維を多く含んだ青汁を飲むことで空腹感を抑えられます。

③の就寝2〜3時間前については「寝る前に飲むとしたら、2〜3時間前までに飲む」ということです。

寝る時にはその活動が終わっているよう、2〜3時間前までに飲むようにしましょう。

④の運動後は、運動によって栄養素が失われているため、吸収効率が高くなります。

特にミネラルが汗とともに失われるため、ミネラルが豊富に含まれた青汁を選ぶのがおすすめです。

青汁に関するQ&A

青汁に関して「特にこの点を知りたい」というピンポイントな疑問も多くあるでしょう。

こうした疑問点でよく見られるものを挙げると以下の通りです。

  1. アレルギー等はありますか?
  2. 飲みやすい青汁はありますか?
  3. ダイエット効果はありますか?

それぞれの疑問について回答していきます。

アレルギー等はありますか?

青汁の原料である野菜(大麦若葉・ケール・桑の葉・明日葉)のアレルギーを持っている人は気をつけましょう

過去に『カインズ大麦若葉青汁 100%』で、アレルギーの可能性があることがカインズ自らによって報告されました。

しかし、これは「一部の出荷商品の製造過程で、小麦の成分が混入した可能性がある」という理由です。

つまり「小麦が間違って混入した」ことが原因で、青汁の野菜自体のアレルギーではありません。

【参考】お詫びとお願い カインズ大麦若葉青汁 100%ご購入のお客様へ(2016年11月4日)

このように、メインの野菜にはアレルギーはありませんが、果物を用いている「フルーツ青汁」の場合は、一部アレルギーの可能性があります。

以下の果物を使っている場合、アレルギー表示の推奨品目(21品)に該当するためです。

  1. りんご
  2. バナナ
  3. オレンジ
  4. キウイ
  5. もも

このため、これらの品目に対してアレルギーをお持ちの方は、特に注意する必要があります。

逆にいえば、フルーツ青汁でもこれらの果物を利用していなければ、アレルギーが起きる可能性は低いといえます。

この他「青汁ゼリー」も、ゼリーに含まれるゼラチンがアレルギーの原因となりえます。

また、アレルギーのリスクが最も高い「特定原材料7品目」については、青汁の商品に含まれることは考えにくいでしょう。

牛乳は「牛乳と一緒に飲む」場合には影響しますが、最初から牛乳と混ざっている青汁の商品は少ないものです。

このため、7品目については青汁ではアレルギーの心配はないといえます。

※自身のアレルギーについて

飲みやすい青汁はありますか?

特に青汁初心者の方は「飲みやすい青汁」を探していることが多いでしょう。

飲みやすい青汁の条件をまとめると、以下の通りです。

  1. 原料が大麦若葉
  2. 粉末タイプ
  3. 抹茶や豆乳を配合している

①の原料については、ケールや明日葉の場合は青臭さや苦味が強く、飲みにくくなります。

逆に大麦若葉は飲みやすく人気があります。

②の粉末タイプは、牛乳やジュース、料理などのあらゆるものに溶かせるという点で飲みやすくなります。

③の抹茶や豆乳を配合した商品も、同じ理由で飲みやすいものです。

②と③の違いは、②は「自分の好きなものに混ぜられる」、③は「最初から混ざっているので混ぜる手間がない」という点です。

抹茶や豆乳に混ぜることが決まっていて、手間を少なくしたい場合は、③のタイプを選ぶのが良いでしょう。

ダイエット効果はありますか?

「青汁ダイエット」が流行っているのを見て「青汁を飲めば痩せる」と考えている女性・男性も少なくないでしょう。

しかし、当然ながら「青汁を飲むだけで痩せる」ということはありません。

青汁ダイエットは、あくまで青汁が含む栄養素によって「栄養バランスを改善すること」を目的とするのものです。

ダイエットの基本は適度な運動と正しい栄養管理で、その栄養管理の一環として青汁を取り入れると考えてください。

【まとめ】おすすめの青汁9選

最後に、これから青汁を飲み始める人が知っておくべきポイントをまとめます。

  1. 青汁は粉末タイプのものが主流
  2. 水・お茶・牛乳・豆乳・ジュース・料理などに溶かして飲む
  3. 飲むタイミングは基本的に自由
  4. 1日1〜2杯が適量
  5. 大麦若葉・ケールがメイン原料のものが多い
  6. メイン原料以外で乳酸菌などの独自成分を含む商品が多い
  7. 独自成分で興味の湧くものがあればそれを選ぶ
  8. 特に興味がなければ青汁のメイン部分のコスパで選ぶ

これらのポイントを踏まえた上で、当サイト『美容と健康』が最もおすすめするのは、冒頭でも紹介した『キトサン』です。

特にLDLコレステロールの値が気になっている方は、ぜひ一度試してみてください。

PR

コストパフォーマンスに優れた青汁を探している方には、中京医薬品『大麦青汁』がおすすめ。

1日あたり約100円という価格で、青汁の主要成分に加えて、乳酸菌FK-23を100億個配合しています。

製造元の中京医薬品が創業74年の歴史を持ち、東証スタンダード上場企業である点もポイント。

「お手頃な価格で初心者向けの青汁を試してみたい」と考えている方は、ぜひ『大麦青汁』をチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次