MENU

おすすめの目のサプリ5選!飲み方や選び方についても紹介

当ページのリンクにはプロモーションが含まれています。※CLINIC FORの情報提供元:CLINIC FOR
本ページにはプロモーションを掲載しています。

当サイト経由で申し込み・購入いただくと、売り上げの一部が運営へ支払われます。

支払われた報酬は、当サイトの運営資金として使用させていただいております。

目のサプリってどんなもの?

目の悩みが解決できるサプリを知りたい!

疲れ目や眼精疲労などの目の症状に悩んでいるものの「薬には頼らずサプリで健康的に改善したい」と考えている人も多いでしょう。

その時「目のサプリ」に興味を持つと、上のような疑問や関心が湧くことが多いかと思います。

この記事では、このような疑問や関心にお応えして「目のサプリとは何か」「どの商品でどんな悩みにアプローチできるか」を紹介していきます。

おすすめのサプリ5種類も紹介しているので「目のサプリ」を探している人は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事をまとめると…
  • 目のサプリは目の悩みや症状全般に向けたサプリ
  • ルテイン・アスタキサンチン・アントシアニンなどの成分が多い
  • 原材料はブルーベリーなどのベリー系やマリーゴールドなどが多い
  • 目から来る肩や腰の疲れなど、体にアプローチするものもある
  • 一番のおすすめは『ロートV5粒ACT-VISION
  • 創業100年以上の歴史を持つロート製薬が開発した目のサプリ
  • ロート製薬史上最も売れている商品であるため、チェックして損はない
  • 年齢による目のぼやけが気になっている人は、ぜひ公式サイトを確認してみよう

目のお悩みを解決する方法がサプリでなくても良い場合、中京医薬品の『中京目薬プレミアムファイン』がおすすめ!

目の炎症やかゆみを抑える成分、目に栄養を与え疲れた目の機能を回復・改善する成分であるビタミン類、ネオスチグミンメチル硫酸塩を配合しています。

「眼疲労や目のかすみに効果が期待できる医薬品」を探している方は、ぜひ『中京目薬プレミアムファイン』をお試しください!

目次

目のサプリとは

目のサプリとは、主に疲れ目・眼精疲労などの症状緩和のサポートが期待できる成分を含んだサプリメントです。

「ルテインサプリ」という単語で呼ばれることもありますが、これは「ルテイン」という成分に由来しています。

ルテインは眼の黄斑部や水晶体に多く存在し、抗酸化物質として眼の老化を遅らせるなどの働きを持っています。

このルテインを補充するサプリメントが「ルテインサプリ」で、目だけに働くわけではありません。

しかし、ルテインが特に目に多いということで「ルテインサプリ=目のサプリ」と分類されることが多くなっています。

これ以外の呼び名では「アイケアサプリ」などの名称も用いられます。

目のサプリの魅力

目のサプリの魅力やメリットをまとめると、以下の通りです。

  • 目の悩みへのアプローチを期待できる
  • 成分が目以外の全身の健康にもつながることが多い
  • 同じ栄養素を食事で摂るよりも簡単かつ低カロリー

それぞれの魅力・メリットについて詳しく解説していきます。

目の悩みへのアプローチを期待できる

目のサプリは、以下のようにさまざまな目の悩み・症状へのアプローチを期待できます。

  • 疲れ目・眼精疲労
  • 見る力(色コントラスト感度)の低下
  • 乾燥・ドライアイ
  • ピント調節機能の低下

「色コントラスト感度の低下」など、内容が細かいものがあるのは「その機能に関するエビデンスのある成分」を配合している商品があるためです。

対象のお悩みが絞られていますが、その分当てはまる人にとっては特に嬉しい商品といえるでしょう。

成分が目以外の全身の健康にもつながることが多い

人間は視覚から80%情報を得ていると言われています。

そのため、視力が悪いと情報が入って来なくなり、生活の質まで低下してしまいます。

そのため、目の健康は体の健康に繋がると言えるでしょう。

同じ栄養素を食事で摂るよりも簡単かつ低カロリー

栄養は食事から摂るのが基本かつ理想ですが、現代人に不足しがちな栄養素を、すべて食事から摂取するのは難しいものです。

難しいだけでなく、実践するとカロリーや塩分が過多になることが多く、目以外の部分でマイナスの影響を及ぼす可能性があります。

この点、目のサプリであれば「目の健康に必要な栄養素だけ」をピンポイントで摂取できるため、合理的といえます。

目のサプリの選び方

目のサプリの選び方のポイントをまとめると、以下の通りです。

  • 改善したい悩み・症状に合わせて選ぶ
  • 使用原材料や配合成分で選ぶ
  • コスパや続けやすさで選ぶ

それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

改善したい悩み・症状に合わせて選ぶ

先に解説した通り、目のサプリが対象としているお悩みや症状は、商品によって千差万別です。

このため、まずはあなたのお悩みや症状に合ったサプリを選ぶ必要があります。

もし「全体的に目の健康を改善したい」という場合は、総合的にさまざまな成分を含んだ目のサプリを選ぶのが良いでしょう。

使用原材料や配合成分で選ぶ

目のサプリでは、ブルーベリーやビルベリーなど、さまざまな原材料が使用されています。

また、配合成分についてもルテインやアスタキサンチンなど、あらゆる種類が含まれています。

これらの原材料や成分に関する説明もよく読んで理解した上で、特に信頼できるサプリを選ぶのが良いでしょう。

コスパや続けやすさで選ぶ

目のサプリも摂取を継続することで初めて効果を実感できるものです。

このため、無理なく続けられる価格やコストパフォーマンスであるか、飲みやすい形状・タイプであるかなども重要なポイントです。

コスパについては安さだけでなく品質も吟味し、初回費用だけでなく継続費用も比較するようにしてください。

おすすめの目のサプリ5選

ロートV5粒ACT-VISION

主成分ルテイン・ゼアキサンチン価格定期初回2700円
主原料マリーゴールドメーカーロート製薬
分量62粒(2ヶ月分)特徴色コントラスト改善のサポートを期待できる

ロートV5粒ACT-VISION』は、創業から100年以上の歴史を持つロート生薬が開発した目のサプリです。

シリーズ累計700万個という販売実績を持ち「ロート製薬史上最も売れている目のサプリ」とうたわれています。

「見る力の改善」を機能として掲げており、色コントラスト感度を改善することで、見やすい視界を手に入れることを目指しています。

主成分はルテインとゼアキサンチンで、この2成分が網膜の黄斑色素を増やすアプローチにより、機能性表示食品として届けられています。

ルテインは特許製法によってマリーゴールドから抽出した天然由来の成分。

ルテインにはフリー体とエステル体という2種類がありますが、体内で吸収されやすい「フリー体」の100%配合にこだわっている点も特徴です。

期待できる効果に関する信頼性が特に高い目のサプリを探している人は、ぜひ『ロートV5粒ACT-VISION』を試してみてください。

めなり極

主成分アントシアニン・ルテイン価格定期初回980円
主原料ビルベリーメーカーさくらの森
分量60粒(1ヶ月分)特徴モンドセレクション5年連続金賞受賞

めなり極』は「目の疲労の緩和・光刺激からの保護・コントラスト感度の改善」の3つの機能が届出されている機能性表示食品です。

ビルベリー由来のアントシアニンとルテインによって、これらの働きを期待できます。

モンドセレクションでは5年連続で金賞を受賞しており、楽天市場のルテインブルーベリー配合部門では2019年の年間ランキング第1位を獲得。

目の疲れやブルーライトなどの刺激、コントラスト感度の低下が気になっている人は、ぜひ『めなり極』をチェックしてみてください。

みやびのビルベリープレミアムα

主成分アントシアニン・ルテイン価格定期初回1434円
主原料ビルベリーメーカーみやび
分量30粒(1ヶ月分)特徴14種類のサポート成分を配合

みやびのビルベリープレミアムα』は、ルテインやビルベリー、DHAやビタミンAなど、目の健康のサポートにつながると期待できる成分を、14種類配合している目のサプリです。

マキベリーやエルダーベリーなど5種類のベリーから採取したアントシアニンや、メグスリノキエキスなどあらゆる成分を配合しています。

マキベリーはチリのパタゴニア地方原産でブルーベリーの約14倍のポリフェノールを含み、エルダーベリーはヨーロッパで注目のスーパーフルーツとして、ケルセチン・ルチンなどを豊富に含んでいます。

このように目の健康のサポートを期待できる成分を幅広く配合しているため「もっとクリアな生活を送りたい」と考えている人は、ぜひ『みやびのビルベリープレミアムα』を試してみてください!

め・まもーる

主成分ルテイン価格定期初回980円
主原料マリーゴールドメーカーえがお
分量62粒(1ヶ月分)特徴サポート成分アントシアニンや鮫肝油も配合

め・まもーる』は、コントラスト感度を改善して視界がはっきり見えることを目指す、機能性表示食品です。

主成分はルテインで、ルテインは黄斑部の色素を補い、目のコントラスト感度を改善する可能性が報告されています。

ルテインはマリーゴールドや緑黄色野菜などに多く含まれる天然成分ですが、体内で生成できないため、50代をピークに減少していきます。

そのルテインを1日2粒で簡単に補給できるのが、この『め・まもーる』の魅力です。

さらに、ルテインに加えてアントシアニンや鮫肝油等のサポート成分を配合することでルテインの吸収率をアップさせていることも特徴。

特にミドル・シニアの方で「目がはっきり見える生活習慣を獲得したい」と考えている方は、ぜひ『め・まもーる』を試してみてください。

ピント・モイスト5500

主成分アスタキサンチン価格定期初回1069円
主原料海老・いくら・多穀麹メーカーファインベース
分量30粒(1ヶ月分)特徴目から来る肩・腰の疲れの軽減も期待できる

ピント・モイスト5500』は、目のピント調節機能のサポートと、目から来る肩や腰の疲れの軽減の機能を表示している、機能性表示食品です。

これらの機能は、主成分のアスタキサンチンで報告されているもの。

アスタキサンチンはカニやエビなどの甲殻類に多く含まれる成分で「目に優しい成分」として、多くの目のサプリに配合されています。

このアスタキサンチンに加え『ピント・モイスト5500』は多穀麹(たこくこうじ)や11種のビタミンなどを配合していることも特徴。

「最近ものが見にくくなった…」「デスクワークで肩や腰が疲れるようになった…」と悩んでいる方は、ぜひ『ピント・モイスト5500』を試してみてください。

目のサプリに関するQ&A

目のサプリに関する疑問点では、以下のような内容が特によく見られます。

  • 目のサプリはいつ飲む?タイミングは?
  • 飛蚊症に効く目のサプリはありますか?
  • 「機能性表示食品」や「トクホ」とは?

ここでは、それぞれの疑問点に回答していきます。

目のサプリはいつ飲む?タイミングは?

目のサプリを飲むタイミングは自由です。

医薬品ではないので、食前・食後・食間などいつ飲んでもOKとなっています。

しかし、摂取が習慣化しやすくなるよう「毎日同じ時間帯」に飲むのがより良いでしょう。

また、寝る前に飲むと消化のために熟睡できなくなるため、就寝2〜3時間前までに飲むようにしてください

飛蚊症に効く目のサプリはありますか?

飛蚊症(ひぶんしょう)に効く目のサプリはありません。

症状を発症する前の「予防」の段階であれば、サプリでも効果を期待できます。

しかし、一度症状を発症した後は、医師の診断を受け、治療や手術など必要な措置を受ける必要があります。

飛蚊症に限らず、体の各部に症状が出た時は、無理に自力で解決しようとせず、早めに医療機関の診察を受けてください。

「機能性表示食品」や「トクホ」とは?

機能性表示食品とは「事業者の責任で、科学的根拠を元に機能を表示する」食品です。

簡単にいうと「科学的根拠はあるものの、消費者庁が審査をしたわけではない」という商品です。

一方、トクホ(特定保健用食品)は、表示されている機能について消費者庁が審査をしています。

つまり、効能に関しては機能性表示食品よりトクホの方が信頼できます。

ただ、機能性表示食品も「何も表示をしていない健康食品」よりは、信頼性が高いものです。

また、機能性表示食品の方がトクホより価格が安いことが多く、商品の選択肢も多いため、この点ではトクホにないメリットがあります。

【まとめ】おすすめの目のサプリ5選

目のサプリはさまざまな目の悩みや症状へのアプローチを期待できます。

しかし、何らかの症状がすでに出ている場合は、目のサプリで治すことはできないため、早めに眼科などの医療機関を受診してください。

また、そもそも目の悩みを解決するには、パソコンやスマホの使い方や睡眠時間なども含めた「生活習慣全般」の改善が最も重要といえます。

栄養バランスの取れた食事、十分な睡眠、規則正しい生活など、健康の基本をしっかり守った上で目のサプリを使っていただくと、より健康的な目を手に入れることができるでしょう。

目のお悩みを解決する方法がサプリでなくても良い場合、中京医薬品の『中京目薬プレミアムファイン』がおすすめ!

目の炎症やかゆみを抑える成分、目に栄養を与え疲れた目の機能を回復・改善する成分であるビタミン類、ネオスチグミンメチル硫酸塩を配合しています。

「眼疲労や目のかすみに効果が期待できる医薬品」を探している方は、ぜひ『中京目薬プレミアムファイン』をお試しください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次