• ホーム
  • 取り扱い商品
  • お客様広場・窓口
  • 会社情報
  • IR情報
  • ネットショップ
  • CSR(社会的責任)
ホーム > お客様広場・窓口 > プチ健康講座 > No.099:結晶性知能「新しい発想を生み出す!」
お客様広場・窓口
  • お問い合わせ先一覧
  • プチ健康講座
  • 笑いの医学
  • 個人情報保護方針
お問い合わせ
お問い合わせ

お客様広場・窓口

プチ健康講座

2013.6

No.099:新しい発想を生み出す!

年をとると、記憶力の衰えを感じたり、頭の回転が鈍くなるような気がしますね。だからといって、脳の働きは衰える一方だと嘆かないで下さい!

50歳を過ぎても伸びる「結晶性知能」という能力があるのです。結晶性知能とは、これまでの経験によって培われた知能のことです!

それは、常識や判断力、問題解決能力です。つまり、多くの経験を積まないと伸びない知能なのです。結晶性知能は、記憶力が低下すると言われている30歳前後以降も伸びて、50歳を過ぎても衰えません。

年老いてから、芸術家がすぐれた作品を生み出したり、スポーツの監督が名采配を振るうのは、この結晶性知能のなせる業です。

また、他に結晶性知能とは違う流動性知能と言われる能力があります。新しいことを学習したり、覚えたりする能力です。

この流動性知能は年をとると落ちてしまいますが、経験した中から新しい発想を生み出す能力や判断力(結晶性知能)は、年をとっても衰えません!日々、好奇心をもち、頭や体を使い続け、結晶性知能を伸ばしていきましょう!

ページの先頭へ