• ホーム
  • 取り扱い商品
  • お客様広場・窓口
  • 会社情報
  • IR情報
  • ネットショップ
  • CSR(社会的責任)
ホーム > お客様広場・窓口 > プチ健康講座 > No.073:肌の乾燥「カサカサをほっとかないで!」
お客様広場・窓口
  • お問い合わせ先一覧
  • プチ健康講座
  • 笑いの医学
  • 個人情報保護方針
お問い合わせ
お問い合わせ

お客様広場・窓口

プチ健康講座

2012.12

No.073:カサカサをほっとかないで!

乾燥するこの季節、肌荒れは女性にとって大きな悩み!

皮膚がカサカサ荒れるのは、皮膚の表面を覆う皮脂や水分が減少している証拠です!こういった肌荒れの原因の多くが「乾燥」です。

湿度50%未満になると、肌の潤いが急速に奪われ、さらに湿度30%になると、かさつきや小じわができると言われています。

特に秋から冬にかけては、湿度40%、あるいは30%にまで急激に下がってしまう日も少なくないので要注意です!

また、水仕事をすると洗剤や水が皮脂を洗い流してしまうため、手の荒れも起こりやすいです。さらに、加齢により皮膚機能が衰え、皮脂が減ると、カサカサしやすいです。

そこで、これらを防ぐには、顔と同じように保湿ケアをすることが何より大切です。クリームなどの保湿剤には皮膚の潤いを保つ働きがあり、皮膚を乾燥から守るためには欠かせません。

入浴後は肌が水分で潤っているので、早めに保湿クリームを塗ってケアすると、水分が保たれやすく効果的です。

■湿度による肌の状態

 〜30% 肌にかさつき、小じわが・・
 〜50% 肌の潤いが急速に失われる!
 〜60% 注意ゾーン
 〜70% 肌しっとり、快適ゾーン

ページの先頭へ