• ホーム
  • 取り扱い商品
  • お客様広場・窓口
  • 会社情報
  • IR情報
  • ネットショップ
  • CSR(社会的責任)
ホーム > お客様広場・窓口 > プチ健康講座 > No.063:肌のトラブル「夏のダメージに!」
お客様広場・窓口
  • お問い合わせ先一覧
  • プチ健康講座
  • 笑いの医学
  • 個人情報保護方針
お問い合わせ
お問い合わせ

お客様広場・窓口

プチ健康講座

2012.9

No.063:夏のダメージに!

夏の間、知らず知らずのうちに浴びてしまった紫外線によるダメージは、着実に肌に蓄積しています。それは、シミ、シワなどの肌のトラブルとして現れてきます。そこで、美肌を保つために欠かせないのが、ビタミンCとE!

ビタミンCは、コラーゲンを増やしてくれるほか、シミの定着を予防してくれます。そして、肌のくすみを改善し、見た目を明るくする効果が期待できます。また、ビタミンEは高い抗酸化力を持ち、紫外線によってダメージを受けた肌を修復し、ビタミンCの効果も高めます。

そんなビタミン群は、紫外線で壊れやすいため、夏の終わりは不足しがちです!この季節こそ、ビタミンCなどを肌にしっかり与えてあげたいですね。

そこで、まず準備したいのは、紫外線によるダメージをなかったことにする「ビタミンC」や「ビタミンE」を含むローションなどです!ビタミンC配合と書かれた化粧品は、全く別の名前で表示されていることが多いので、気をつけて下さいね。ビタミンCの別名は、「アスコルビン酸」と言います。

化粧品では、ビタミンC(アスコルビン酸)のままでは変性しやすいため、「ビタミンC誘導体」や「L−アスコルビン酸2−グルコシド」などとして入っており、成分名に表示されています。そして、ビタミンEの別名は、「トコフェロール」と言います。

化粧品の成分表示では「トコフェロール」となります。この夏の終わりは、ビタミンCとビタミンEを紫外線でくすんだ肌に与えることで、肌を回復させ、美白しましょう。

ページの先頭へ