• ホーム
  • 取り扱い商品
  • お客様広場・窓口
  • 会社情報
  • IR情報
  • ネットショップ
  • CSR(社会的責任)
ホーム > お客様広場・窓口 > プチ健康講座 > No.053:肥満「ベルトの穴が増えたら注意!」
お客様広場・窓口
  • お問い合わせ先一覧
  • プチ健康講座
  • 笑いの医学
  • 個人情報保護方針
お問い合わせ
お問い合わせ

お客様広場・窓口

プチ健康講座

2012.7

No.053:ベルトの穴が増えたら注意!

肥満とは、体に脂肪がつきすぎた状態を言います。「肥満は万病のもと」と言いますが、最近の研究から、肥満による病気の発症には「肥満の程度」より「脂肪の蓄積する部位」が重要であることが明らかになってきました。

脂肪は、体の蓄積部位によって内臓脂肪と皮下脂肪に分類されており、特に内臓脂肪の蓄積が、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病、高血圧などの生活習慣病の発症や動脈硬化の促進に深く関係していると言われています。

メタボリックシンドロームで注目されているのも内臓脂肪です。内臓脂肪の過剰は、ウエスト周囲径(腹囲)の増減に反映され、男性で85cm以上、女性で90cm以上であれば、内臓脂肪が過剰に蓄積されている可能性があり、内臓型肥満の疑いがあります。

お腹がポッコリ出てきて、ベルトの穴が増えたら要注意です。生活習慣病にならないためにも、まず内臓脂肪を減らすことが重要です。

内臓脂肪は皮下脂肪に比べ代謝活性が高いので、食事を節制し、運動を積極的にすれば皮下脂肪に比べ比較的減らしやすいと言われています。日々の生活習慣を見直して、ベルトの穴を減らしましょう!

※肥満とは?

内臓脂肪がついた「内臓脂肪型肥満」と皮下脂肪がついた「皮下脂肪型肥満」には大きな違いがあります。内臓脂肪型肥満は、男性に多く見られる傾向がありますが、特に閉経後の女性も内臓脂肪が増える傾向があるので、注意して下さい。

ページの先頭へ