• ホーム
  • 取り扱い商品
  • お客様広場・窓口
  • 会社情報
  • IR情報
  • ネットショップ
  • CSR(社会的責任)
ホーム > お客様広場・窓口 > プチ健康講座 > No.052:ビタミンB1「慢性疲労・ストレスの救世主!」
お客様広場・窓口
  • お問い合わせ先一覧
  • プチ健康講座
  • 笑いの医学
  • 個人情報保護方針
お問い合わせ
お問い合わせ

お客様広場・窓口

プチ健康講座

2012.6

No.052:慢性疲労・ストレスの救世主!

「全身がだるいな〜。気分も沈みこみがちだな。」

「疲労や受験生に欠かせない栄養素は、ビタミンB1!記憶力や集中力を高めるとともに精神状態を安定させ、疲れを取り除く効果があります。ビタミンは、体内で合成されないため食品などで摂取しなければなりません。サプリメントを利用する方法も有効ですね。」

例えば、梅雨の時期には、湿気が多く、日々の気温差も生じることが多いため、体温調節がうまくできなくなります。このため、だるさや疲労感を感じ、さらに気分も沈みこみがちになる人が多いでしょう。

そんな疲労やストレスに欠かせない栄養素は、ビタミンB1です。ビタミンB1は、ご飯やパン、砂糖などの糖質を体内で効率よくエネルギーに変えるサポートをしてくれます。ビタミンB1は、不足すると糖質がうまくエネルギーにならないため、食欲がなくなったり、疲れやすい、だるいなど夏バテのような症状になります。また、集中力がなくなったり、イライラしたりします。

ビタミンB1は様々な食品に含まれていて、特に、豚肉やレバー、豆類などに多く含まれます。しかし、熱に弱く、水に溶けやすいビタミンであるため、調理する際に失われやすいです。また一度に多く摂取しても、使われない分は蓄積されずに体外に排出されてしまいます。そのため、調理法や食べ方に気を配るといいですね。

ビタミンB1を上手に摂るには、一度にたくさん摂るよりも数回に分けこまめに摂る方が効果的です。また、にんにくや玉ねぎ、にら、ネギなどのにおいの成分(アリシン)と一緒に摂ると血液中に長くとどまるので良いでしょう。サプリメントを利用する方法も有効ですね。ビタミンB1を積極的にとるよう心がけましょう。

ページの先頭へ