• ホーム
  • 取り扱い商品
  • お客様広場・窓口
  • 会社情報
  • IR情報
  • ネットショップ
  • CSR(社会的責任)
ホーム > お客様広場・窓口 > プチ健康講座 > No.030:テーマ・入浴事故「寒い冬に増加! 入浴事故に注意!」
お客様広場・窓口
  • お問い合わせ先一覧
  • プチ健康講座
  • 笑いの医学
  • 個人情報保護方針
お問い合わせ
お問い合わせ

お客様広場・窓口

プチ健康講座

2012.1

No.030:寒い冬に増加! 入浴事故に注意!

あまり注目されていませんが、日本では交通事故で死亡する人(年間約5千人)よりも多くの人が入浴事故(推定1万4百人)で亡くなっています。その多くが高齢者で、入浴中に体に異変が起きて命を落とされています。特に事故は寒い冬に増加するため、注意が必要です。

どうして冬に入浴事故が増えるのでしょうか?

主な引き金は、浴室での急激な血圧変動だと考えられています。寒い脱衣所で服を脱いでしまうと、血管が収縮して血圧は急激に上がります。そして、熱い湯船にしばらくつかり体が温まると、血圧は下がっていきます。

こうした血圧変動が、心臓発作やめまい、ふらつきなどの意識障害を起こし、水死などの入浴事故につながってしまいます。

事故を防ぐためには、「暖かい場所で服を脱いで、ぬるいお湯につかること」です。脱衣所や浴室は暖房などで暖かく保ち、湯の温度は熱すぎない39〜41度程度を目安にするとよいです。

また、湯船に入るとき、ドボンと入らないことも重要です。かけ湯で徐々に体を湯に慣らしていくのもポイントになります。

入浴の時間帯は、食後1時間は控えて下さい。食後は消化のため体がリラックスして血圧が低下しているので、食後すぐに入浴してしまうと、血圧変動が起こりやすいです。食後に入浴するのなら食事から1時間以上あけるのもポイントです。

高齢の方は、体温を維持する機能が落ちており、血圧変動も大きくなりがちです。高血圧や不整脈、心臓病の既往歴がある方は特に注意して下さい。

また、持病のない元気な方や、中高年などの比較的若い方でも事故は起こっているので、注意して下さいね!

■入浴事故を防ぐポイント!

・暖かいところで脱衣する。
・湯温の目安は39〜41度
・かけ湯で徐々に慣らす。
・食後1時間は入浴を控える。

ページの先頭へ