• ホーム
  • 取り扱い商品
  • お客様広場・窓口
  • 会社情報
  • IR情報
  • ネットショップ
  • CSR(社会的責任)
ホーム > お客様広場・窓口 > プチ健康講座 > No.021:テーマ・インフルエンザ「歯磨きでインフルエンザ予防!」
お客様広場・窓口
  • お問い合わせ先一覧
  • プチ健康講座
  • 笑いの医学
  • 個人情報保護方針
お問い合わせ
お問い合わせ

お客様広場・窓口

プチ健康講座

2011.11

No.021:テーマ・インフルエンザ「歯磨きでインフルエンザ予防!」

風邪やインフルエンザが心配な季節。手洗いやうがい、予防接種はインフルエンザ予防の基本ですが、このほかにも歯磨きが予防に有効であることが分かってきました。日常生活の中で簡単に実践できるので、風邪やインフルエンザの予防に努めて下さい。

うがいで風邪の発症を約4割抑える効果があることが明らかになっていますが、意外にも歯磨きも風邪やインフルエンザの予防に有効です。

デイケアに通う高齢の方に、日頃からの丁寧な歯磨きや舌磨きなどの口腔ケアの指導を実施したところ、インフルエンザの発症率が10分の1に減少したと言います。

口の中には、インフルエンザウイルスの感染を促すと考えられる細菌や重症の肺炎を引き起こす細菌などが多く住み着いています。このため、歯磨きや舌磨きなどの口腔ケアをきちんと行うことで、口中の細菌を減らすことができ、風邪やインフルエンザを予防できます。

また、マスクも有効です。風邪などの感染は、ドアノブ感染と呼ばれる経路が多いと言われています。

人間は鼻を触る習性があるので、風邪を引いた人が鼻を触った手でドアを開け、次の人がドアノブを触った手で自分の鼻を触り感染してしまうケースです。このため、鼻を触らないで済むマスクの着用が効果的なのです。

マスクをすることで自分の息で加湿された空気を吸い、のどの乾燥を防ぐので、風邪の予防や悪化を防ぎます。

■風邪・インフルエンザの予防には!

「うがい・手洗い・予防接種」+「歯磨きで口中の細菌減」+「マスク」

ページの先頭へ