• ホーム
  • 取り扱い商品
  • お客様広場・窓口
  • 会社情報
  • IR情報
  • ネットショップ
  • CSR(社会的責任)
ホーム > お客様広場・窓口 > プチ健康講座 > No.105:食生活「肝機能強化を心がけて!」
お客様広場・窓口
  • お問い合わせ先一覧
  • プチ健康講座
  • 笑いの医学
  • 個人情報保護方針
お問い合わせ
お問い合わせ

お客様広場・窓口

プチ健康講座

2013.8

105:肝機能強化を心がけて!

「最近、お酒に弱くなったなぁ〜」、これは肝機能が低下しているかもしれませんね。肝機能の低下は、病的なものだけでなく、加齢でも起こります!

肝臓は、重量も細胞数も歳を重ねるごとに減少し、その減少にともない肝機能も次第に低下していきます。

肝臓は、生体活動を維持するために重要な役割を担い、寿命を大きく左右する臓器です。重さは、1〜1.2sぐらいです。しかし、45歳時に1s強あった肝臓の重量は、85歳には0.75sへ、95歳時には0.5s近くまで軽くなるというデータがあります。

また、肝細胞数は、45歳には細胞系数が60だった人が、85歳で35に、95歳では24まで減少してしまうそうです。

このような加齢による肝臓の重量や肝細胞の減少は、肝機能の低下として現れ、体がだるい、疲れやすい、食欲がないなどの症状につながることもあります。

そんな肝臓にさらに負担をかけるような食生活はやめて、普段から肝機能を強化しておきましょう!」

■こんな人は要注意!

・甘い物が大好きでよく食べる
・毎晩アルコール漬けになっている
・慢性運動不足で肥満気味
・体がだるく腹痛、吐き気がする

ページの先頭へ