• ホーム
  • 取り扱い商品
  • お客様広場・窓口
  • 会社情報
  • IR情報
  • ネットショップ
  • CSR(社会的責任)
ホーム > お客様広場・窓口 > プチ健康講座 > No.104:誤嚥(ごえん)「死者急増! 肺炎の恐怖」
お客様広場・窓口
  • お問い合わせ先一覧
  • プチ健康講座
  • 笑いの医学
  • 個人情報保護方針
お問い合わせ
お問い合わせ

お客様広場・窓口

プチ健康講座

2013.7

No.104:死者急増! 肺炎の恐怖

日本人の死因第4位の肺炎!特に高齢者の中で、食べ物が誤って肺に入ることで起こる肺炎(誤嚥性肺炎)による死者が急増しています!

食べ物を飲み込むと、誤って肺に入らないように、反射的に喉頭蓋(こうとうがい)と呼ばれるフタが働き、食べ物は食道を通り胃へと流れていきます。

しかし、高齢者では喉頭蓋の反射運動が低下しています。そのため、食べ物が誤って肺に入ってしまい、食べ物についた菌などによって肺が炎症を起こしてしまうのです。

予防としては口内清掃です。口の中の雑菌が誤って肺に入っても、雑菌の数が少なければ肺炎になりにくいことが分かっていますので、食後に歯磨きなどで口の中を清掃しましょう。


また、意外にも唐辛子が効果を発揮します!唐辛子の「カプサイシン」は、喉頭蓋の反射運動を改善する力を持っていることが分かっています!刺激物なので摂りすぎはよくありませんが、適度に摂れば、誤嚥性肺炎という恐ろしい病気の予防になります!

死に至る怖い肺炎は、なる前の予防が大事です!

ページの先頭へ