• ホーム
  • 取り扱い商品
  • お客様広場・窓口
  • 会社情報
  • IR情報
  • ネットショップ
  • CSR(社会的責任)
ホーム > 会社情報 > 事業案内 > 配置販売事業(赤い箱)

会社情報

事業案内

配置販売事業(赤い箱)

中京医薬品の配置販売業は「ふれあい業」。「常備薬の赤い箱」は、心のメディアです。

トータル・ライフ・ケアの推進 PB(プライベート・ブランド)商品 フェィス・トゥ・フェィス

私たちは、創業以来、医薬品の配置販売業を「ふれあい業」の柱とし「トータル・ライフ・ケア」を推進しています。
営業担当者が一軒一軒を定期的に訪問し、健康についてのご相談や商品へのご要望など、お客さまとの直接の対話を通して、物心両面から健康づくりのお手伝いをしています。また同時に、お客さまの声をダイレクトに商品開発へ反映させた、高品質・ロープライス、しかも安全性の高い医薬品を提供するPB商品化を進めてきました。
私たちのPB商品は、単なるプライベート・ブランドではなく、高品質にこだわり抜いたプライド・ブランドでもあります。このPB商品は、医薬品はもちろん、ドリンク、保健品、医療品から日用雑貨へと広がっています。
こうした配置販売業の何よりの強みは、お客さまが求める便利さに、フェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションによる安心感、お客さま一軒ごとの都合に合わせた品ぞろえを提供できること。それは「常備薬の赤い箱」をメディアとした、お客さまとの心のふれあいがあってこそ実現します。
『予防は治療に勝る』という観点から、お客さまを「病気にさせない」という使命感を持って、全国のお客さま一人ひとりに直結したネットワークをつなぎます。その『ふれあい』による“きづな”づくりこそが私たちの永遠のテーマです。

日本の伝統に根ざした合理的なシステム。

  • 300有余年の伝統ある歴史「置き薬」
  • 「ふれあい業」を柱とした「配置販売業」
  • 日本伝統の良心的な仕組み「先用後利」

私たちの配置販売業は、ユーザー宅を直接訪問し、医薬品など生活関連商品を無償で信頼委託し、後日、実際に使った分だけを精算する「先用後利」の思想が基本。この日本伝統の良心的な仕組みに、お客さまの暮らしに密着したトータル・ライフ・ケアの発想をプラスしたものが、私たち独自の配置販売業=ML(メディカル・リース)システムです。

MLシステムの優位性
MLシステム
  1. (1)24時間タイムレス『常備薬の赤い箱』
  2. (2)究極の立地
  3. (3)「売る」から「売れる」へ
  4. (4)景気に左右されない安定した拡大市場
  5. (5)地域社会に密着した営業展開
  6. (6)立地を選ばない拠点展開
  7. (7)お客さまとの信頼“絆”はエンドレス
ページの先頭へ